Western Rollers(Story2)#4

We4q1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回も、九州からです。



 今朝も滞在先から出発し、最初に目指したのは、豊後森(大分県玖珠町)です。豊後森には、SL時代豊後森機関区があり、交通の要衝となっていました。写真は、豊後森機関区扇形庫の跡です(写真)。12番線まであるそうです。



We4q2  扇形庫の中心には、当然転車台があります(写真)。SLも、小国線も無くなり、ここは非常に寂しい場所となりました。



We4q3  そして玖珠インターから高速を大移動、長崎県へ。長崎本線旧線、大草駅から少し長崎寄りの場所に、築堤の下を潜るアーチが幾つかあります。その一つ、伊木力橋梁です(写真)。石積みの卵形アーチです。なおこのアーチは手狭となったため、現在の道路は少し諫早寄りに大きなボックスカルバートで潜っています。



We4q4  その少し長崎寄りに、山川内橋梁があります(写真)。水路のアーチ、こちらも卵形の石積みアーチです。



We4q5  その更に長崎寄りに、こちらも同じく山川内橋梁という名の橋梁が(写真)。こちらは煉瓦積みの縦長のアーチになっています。道路が通ります。ネタ本では、双方の区別はつけてありませんでした。



We4q6  この巨大な築堤の上を、「シーサイドライナー」キハ200系が通ります(写真)。長崎行き特急電車、普通電車は電化新線を通り、旧線は非電化、気動車のみが通ります。SL時代、少し先の本川内はスイッチバック駅で、見所であった、といいますが、現在そのスイッチバックは廃止され、今は単線でスルーします。



We4q7  少し戻って、諫早駅です(写真)。注意して見ると、モダンな建築物である、と分かります。この駅から始まる島原鉄道の、キハ20に萌えた日々は、昔のこととなりました(本当に萌え萌えでした!)。島原南線喪失は、大きなショックです。



We4q8  続いて、大村線大村駅です(写真)。こちらが初期の長崎本線のルートでした。これもモダンな建築物です。軍都大村の玄関口として建てられたものだそうです。長崎空港からも近いです。



We4q9  次は、早岐駅です(写真)。現在は佐世保線のスイッチバック駅である同駅、元は大村方面にスルーしたのが長崎本線でした。



We4q10  同駅はその構造を生かし、現在は佐世保行き特急「みどり」と、特急「ハウステンボス」の分割併合を行う駅となりました。北から「みどり」、南から「ハウステンボス」が入線、併合、「みどり」を先頭に博多を目指します。写真左が「みどり」、右が「ハウステンボス」です(写真)。783系、ステンレス車の先頭車化改造という大難題でしたが、お面をボルトオンで接合しました。その際に自動幌装置も設置、貫通幌の接続は一瞬です。因みに、右の緑のボックスには「博多指令直通」と書かれ、中身は分割併合について運転指令に直接連絡できる電話のようです。





 併結の様子の動画です。最初に「みどり」到着、続いて「ハウステンボス」が入換信号、手旗の合図で入線、一旦停止の後連結されます。貫通幌は一瞬で、見逃すと分かりません。



We4q11  続いて戻り道、踊瀬国道橋梁です(写真)。建設当初からのアーチ橋、築100年余りを数えます。この下の国道35号線は前後が無理なカーブになり、道路改良もままならないとのことです。



 この上(佐世保線)を、787系「リレーつばめ」の車両が走りました。最初はハンドル訓練かと思いましたが、6連、営業列車でした。来年の九州新幹線開業で、鹿児島本線を走る787系「リレーつばめ」及び「有明」が全て余剰となり、これが長崎・佐世保線に転属、玉突きで783系”ハイパーサルーン”が485系”レッドエクスプレス”を追い立て、廃車が容易に想像できます。787系、輸送量は十分なのですから、サハシ787のビュッフェ復活とか、どうですか?1日に1往復、「にちりんシーガイア」の復活とかも、どうですか?



We4q12  そして有田陶器市の渋滞を抜け、唐津線厳木に(写真)。良い感じの木造駅舎ですが、メールを見る若者の排除は不可能でした。



We4q13  同駅構内には、SL時代の名残、煉瓦積みの給水塔があります(写真)。ここから多久までの間は峠越えで、給水が必要だったということが分かります。それにしても、広い構内でした。



We4q14  そして今日の最後は、今年もまた来ました、国鉄佐賀線(廃線)筑後川橋梁です(写真)。今回は可動橋の開閉の動画を撮ろう、と意気込んで行きましたが、残念、本年12月まで工事中です。足場を組んでいる最中で、通行も出来ません。残念でした。



We4q15  川の反対側の、筑後若津駅跡です(写真)。どう見ても工事中は変わりません。残念でした。来年以降、どうぞ。このすぐ南側には、筑後川閉開橋温泉なる入浴施設がありました。



 最後に、長崎本線神埼橋梁は5連煉瓦アーチ橋梁である、と書かれ、現地に行ってみました。しかしそのあったであろう場所には、コンクリートの長い桁橋が架かり、アーチ橋の痕跡は全く残っていませんでした。恐らく、河川の流出係数を改善するため、障害の多い煉瓦アーチは撤去してしまったのでしょう。こちらも残念でした。



 明日は、今日の続きです。次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

No title

味のある写真ですね。歩いてみたいと思いました。

No title

拙い写真ですみません。また、是非訪問してください。
カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR