Oceanic Wave#4

Oce4m1_5  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、豪大陸、メルボルンのトラムをお届けします。



 ホバートから海を渡った第2投稿者は、豪大陸に上陸、メルボルンに入りました。メルボルンはトラムが発達し、非常に便利です。最初は234号、豹の目が入っています(写真)。



Oce4m2_2  そのまま市街地に。213号、標準的な車体です(写真)。しかし馬面、バスに似てしまうのは仕方ないのか。



Oce4m3_2  続いて2085号、連接車体のトラム、イメージは同じです(写真)。



Oce4m4_7  中心部、メルボルン駅に到着(写真)。黄色が強い、クラシカルな建物です。中も黄色、かなり強烈か。



Oce4m5_2  その前を行く、3502号、LRTです(写真)。ボディは派手にラッピングされています。



Oce4m6_2  続いて132号が通過、ラッピングも広告もなく、スッピンのボディです(写真)。



Oce4m7_2  クラシカルなデザインの888号、赤茶のボディに金帯、懐かしいデザインです。



Oce4m8_2  同形の981号、いかにも路面電車らしい車輌です(写真)。



Oce4m9_2  最新型、黄色い5車体のLRTです(写真)。イメージは、広島の「グリーンムーバー」を塗り替えた感じか。何故黄色なんですか?



Oce4m10  それは、「ミツバチ」をイメージしたラッピングが為されているからでした(写真)。これが第2投稿者の一番のお気に入りでした。環境を意識する電車です。



Oce4m11  最後は3034、3車体のLRTです(写真)。



 メルボルンは、トラムが発達し、市街地のシティサークルラインは乗り降り自由なのだそうです。古きも残り、新しきも入り、路面電車の良さを実感する街のようです。実は私もトラムが好きなので、こういう画像を見ると、行きたくなってウズウズしてしまいます。機会があったら、そのうちに。



 そして第2投稿者は、最終目的地のシドニーに向かいました。



 そしてシドニーに到着したのですが、シドニーはトラムが無く、モノレールがあるのですが、真下からの撮影を余儀なくされ、結果私の目で見た結果、ボツとなりました。まあ、鉄道だけのツアーに行ったわけではないので、仕方ないのですが。



 そして第2投稿者は、シドニーから成田に飛び、帰国しました。お疲れ様です。



 暫く線路の外が続いたので、そろそろ乗った話がしたいのですが、それより週末は早速イベントが。また、乗り鉄ですね。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR