恨みの雲#5

Fueq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回も、富士市内の「お立ち台」にて取材しました。



 いつも通り昨晩出発。満天の夜空を見上げ、翌日への期待を胸に仮眠しました。そして出発、今朝到着しました。



 以前「岳南鉄道に近い」と書いたからか、今までは殆どの人が車で来ていたこの「お立ち台」に、今日は車のないファンも多数、時間と共に続々とやって来ます。9時台の写真(写真)。上りの300系、何か嫌な感じです。



Fueq2  だんだん、天気が怪しくなってきます。下りN700系の写真(写真)。まさか、今回も駄目?



Fueq3  そんなうちに雲はますます増え、遂に富士山は見えなくなってしまいました。そして、みんなのお目当て、11時台の「のぞみ6号」がこのポイントを通過する時には、完全に雲隠れしてしまいました(写真)。



Fueq4  そして、「のぞみ6号」は通過します(写真)。今回も残念でした。富士山の機嫌を損ねてしまったのか。浅間神社にお願いする位しか、方法が思いつきません。



Fueq5  そしてこのまま待っても天候の回復が見込めなかったので、仕方なく出発しました。そして、静岡県で鉄道博物館の記号のある。「藤枝市郷土博物館・文学館」に行きました(写真)。



Fueq6  側面には、静岡鉄道駿遠線(廃止)で使われたSL、B-15の展示があります(写真)。戦中戦後のガソリン不足の時に使われた、立山重工業製のSLです。



Fueq7  現在同館では、「懐かしの軽便」展が行われています。入館料200円を払い、中に入ります。入口には、運転席を模したパネルと、制服を着たマネキン人形があります(写真)。



Fueq8  中には、記録写真多数、中央にはタブレット発行機など、タブレット関連が展示されます(写真)。



Fueq9  反対の展示には、写真の他に廃止を広告するポスター、さよなら列車のヘッドマークが展示されます(写真)。



Fueq10  そして大手駅のジオラマが(写真)。昔は賑わった様子が分かります。そして、展示を出て帰宅しました。



 藤枝から御前崎を回り袋井まで続いた静岡鉄道駿遠線、既に廃止から40年経ってしまいました。今となっては痕跡を探すのも大変ですが、残る施設等は、少しでも永く残って欲しいものです。



 それにしても今日の富士山は残念。晴天なのに、納得がいきません。本当は明日は、伊吹山リトライのつもりでしたが、どうしましょうか。



 それでは、次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR