Northern Broadway#7

Nob7q1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回も、北海道からです。



Nob7q2  今朝も滞在先を発ち、新得町へ。目的地の途中、根室本線旧線上に「SL広場」があり、D51 95が保存されます(写真)。「ナメクジ」としては最後の方でしょう。なお、旧線は現在、新得駅から新内まで遊歩道となっています。



Nob7q3  すぐ横には、現在線が通ります。札幌行き「スーパーとかち」が通過します(写真)。



Nob7q4  そして旧線上の駅、新内駅に到着します(写真)。旧駅舎は、カフェになっています。



Nob7q5  同駅には、59672(9600形)、ナハネ20 132、ナロネ21 551、ナロネ22 153が保存されます(写真)。その前には軌道自転車がありますが、これは1回500円で園内を一周できます。出発信号、閉塞信号、場内信号までしっかりついています。



Nob7q6  ナハネ20 132の車内の様子(写真)。現在寝台は撤去され、鉄道模型、閉塞機、写真等の展示がなされ、奥ではジオラマを作成していました。



Nob7q7  続いてナロネ21 551の車内です(写真)。プルマン式(開放式)A寝台です。車内は鉄道写真が展示されます。



Nob7q8  続いてナロネ22 153の車内です(写真)。プルマン式と個室の合造車、オープン式が8ボックスあります。



Nob7q9  奥は個室、間は喫煙室になっています(写真)。通路両側には個室(ルーメット)が6つ並びます。



Nob7q10  個室(ルーメット)の、昼のセッティングの様子(写真)。一人座席、洗面台もあります。



Nob7q11  ルーメットの寝台セッティングの様子(写真)。これに相当する寝台は、20系客車引退後、昭和60年代のオロネ25まで復活することはありませんでした。なお、ナロネ21 551及びナロネ22 153は、日立製でした。



 昭和30年代、走るホテルと言われた20系客車。「あさかぜ」専用のナロネ20(1人及び2人用個室のみの車両)3両は、見たことがありません。しかしナロネ22は他の九州特急にも使われ、乗ったことがある人もいるのではないでしょうか。しかし普通の人はナハネでしたが。九州特急も無くなり、寝台特急が衰退した現在、個室寝台に乗ることも、困難となりました。



 そして、今日の滞在先に向かいました。



 そろそろ今回の遠征も、終了に向かいます。楽しい夢も、間もなく終了です。



 それでは、次回をお楽しみに。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジオラマ 作り方

ジオラマ 作り方についての情報です。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR