Northern Broadway#4

Nob4q1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回も、北海道からです。



Nob4q2  今朝も滞在先を発ち、移動します。今日の最初は、美幸線(廃止)跡で営業される「トロッコ王国」です。まだ起点までかなりあるなあ、という場所に、線路と、回転するポイントがあります(写真)。車両はここまで来るようです。



Nob4q3  そして出発地、仁宇布には、「美幸線記念碑」が、車輪のモニュメントと共に建ちます(写真)。美深からここまで来た美幸線は、最終的にはオホーツク海沿岸の北見枝幸まで建設される予定でした。しかし周辺には、ここ仁宇布程度しか大集落はなく、大量輸送機関が役立つ場面はなく、美幸線は廃止、工事線は未成線のまま放棄されました。



Nob4q4  そして「トロッコ王国」の中心施設、「コタンコロ・カムイ」という建物です(写真)。この中でパスポート(利用券)を発行してもらいます。JAF会員証があると1割引になります。



Nob4q5  出発までの間、周りの様子を見ました(写真)。手前が家族用トロッコ、奥が整備工場、右奥に寝台電車サハネ581 19がありました。



Nob4q6  そして、乗車します。「トロッコ」と聞いたので、牽引式トロッコ、あるいは軌道自転車と思っていましたが、軌道自転車ではあったものの「原動機付き」であり、原動機を扱う関係で、運転は自動車運転免許保有者のみに限られます。



 片道約5キロ、往復で40分程度かかって帰ってきました。折り返しのループ線の最中に空転してしまい、動かなくなり焦りました。



Nob4q7  続いて、北見枝幸の「オホーツクミュージアムえさし」に行きました(写真)。興味深い展示ではありましたが、鉄道ファンには少し残念か。



Nob4q8  そして大移動し、今年も丸瀬布(遠軽町内)の「いこいの森」に行きました。同施設最大の呼び物は、森林鉄道のSL「雨宮21号」です(写真)。昨年の夏休み、平日に来たときは非常に寂しかったのですが、今日は乗客多数でした。やはり札幌からの高速道路開通の効果が大きいのか。



Nob4q9  そして発車、ループを二度回り元の位置に戻ります。最後のループを、煙を噴き上げ力走します(写真)。動画があれば、汽笛も入り最高です。





 雨宮21号発進の動画です。汽笛も高らかに、発車します。



Nob4q10  駅の後の機関庫には、今日の昼間、もう1往復を運転したDLが帰庫しています(写真)。



Nob4q11  奥の保存庫には、井笠鉄道(廃止)からやって来た客車2両があります(写真)。今日のもう1往復の客車に使用されたようです。



Nob4q12  隣には、森林鉄道時代の緩急車、そして木造客車が(写真)。こちらはいずれも古く、現役ではないようです。



Nob4q13  その隣には、532とプレートの入ったタンク機があります(写真)。こちらは静態保存のようで、これを動態化する余裕はまだ無いようです。



Nob4q14  その隣は鉱山用か、バッテリーロコとトロッコが並びます(写真)。



 間もなく観客も帰宅の時間となり、園内もまばらになってきました。



 そして私も今日の滞在先に向かいました。



 途中、鉱山跡地を通りました。カーナビには細かく「何町」「何町」と出るのですが、現在は自然に還り森林になっていました。時代は移り変わっていきます。



 明日は、しっかり早起きできるでしょうか。次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR