Northern Broadway#2

Nob2q1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回も、北海道からです。



Nob2q2  今朝は早く目覚め、朝食後早速出発します。



 最初は、森へ。森は、「いかめし」で有名です。駅前にはその「いかめし」を扱う阿部商店が立っており(写真)、勿論駅でも買えますが、こちらでも買えるので、どうぞ。



Nob2q3  続いて、長万部へ。長万部の駅弁は、「かにめし」にトドメをさします。駅から歩いても少しの所に、その駅弁を作っている「かなや」があります(写真)。しかしもう一つの名物だった茹で毛ガニは、今はどこへ?



Nob2q4  高速を飛ばし、室蘭へ。白鳥大橋を渡り、線路跡と思われる場所の横を走ると、旧室蘭駅が見えてきます(写真)。車寄せの時計も現役です。現在室蘭駅は東の方に新設され、周辺の線路は撤去され、ここは観光案内所となっています。



Nob2q5  エントランスは、写真のとおり「旧室蘭駅」との看板も掛かります(写真)。中に入ります。



Nob2q6  中は大々的に改装されたらしく、壁面はまだ新しいものでした。しかし屋根は当時のままらしく、一部に絵も描かれる漆喰で飾られています。照明は最小限の物にしているようです。



Nob2q7  中には、当時の物か、巨大な金庫が(写真)。他線路配線図なども残ります。



Nob2q8  隣には、タブレット信号機が(写真)。現在でもこれと同じ物を使っている所もあるようです。



Nob2q9  続いて大移動をして、倶知安へ。倶知安町文化福祉センター前には、倶知安と伊達紋別を結んでいた胆振線(廃線)の名残、同線を走った79615(9600形)が保存されます(写真)。北海道特有の左右2灯式、後には給水塔が保存されます。



Nob2q10  倶知安から胆振線で一駅の六郷駅跡には、六郷鉄道記念公園があります。ここには踏切、旧ホームと車掌車ヨ7913、オハフ46 501が保存されます(写真)。



Nob2q11  オハフ46は、デッキまで入れました。中の様子(写真)。ブルーのモケット、ボックスシート、そして二重窓、北海道ならではの装備が多数ですが、悪戯が酷いらしく鍵が掛かっていました。残念。



 そして昨年苦労して発見した幌似鉄道公園の近くを通りましたが、時間の都合で断念。残念でした。



 実は、北海道に来たら必ず行く場所が二つあります。それはどこか、あえて言いませんが、今日はその内の一つに行きました。同僚には、やはりお土産を買わねば。



 次回は何処からでしょうか。お楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR