Filter Works

 皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、久しぶりに写真のないブログ記事です。



 最近は、少し中古レンズに凝っていて、最初はAF-S50mmF1.4の、未開封ながら保証書が無く、新古品となった標準レンズを手に入れたことが始まりで、2本目も買ってしまいました。特に最初のレンズは、金融上の必要で処理されたレンズらしく、保証書以外は全くの新品で、不景気もここまで来た、という感じです。



 私がレンズを手に入れると、新品であれ中古であれ、必ず行うある「儀式」があります。それは、前面フィルターの装着です。



 昔は、フィルムカメラ用であったことから、当初のUV(L37C、紫外線を除去するフィルター)から、間もなくL1BC(スカイライト、淡いピンクのフィルター)に変わり、10年余り続けていました。やはり前玉は一番傷や汚れ、埃がつきやすい場所、最大の目的はレンズ保護でした。そのためにカメラ店でレンズを上手に交渉しても、フィルターの話を始めることで逆襲され失敗した、などということもありました。その中で、20ミリを下回るレンズには薄枠フィルターをとか、いろいろ勉強し、今のフィルター使用になっています。カメラ店では、「ミスター・スカイライト」と呼ばれていたようです。



 しかし状況が変わったのはデジカメの普及で、紫外線除去が受光素子、およびレンズ自身で可能となり、フィルターは無くても影響がない、という状況になりました。そのためフィルターをしない人も多く、使っても光学的効果の全くない「プロテクター」だけ、というのが一般的になりました。勿論UV(”L39”ではなく”L37C”の場合)だって紫外線以外には効果はなく、濃色のフィルターのような露出倍数も無く、ましてTTL測光には全く影響はないのですが、今ではあまり見かけません。マルチコートも施され、レンズ保護用の常用フィルターに出来るように設計されているのですが、使う人は少ないですね。増して色のついたスカイライトはフィルム専用、色が微妙に変わるのが気になるか。使うのは、私位か。



 しかし、念願のデジカメ・フィルムのレンズ共用が可能となり、常用・予備・交換いずれもフィルムで使えるようになったことから、今後はスカイライトは無理でも、やはりフィルムに紫外線は有害、基本的にはUV(L37C)で行くのでしょうね。もう、迷いはありません。



 最後に、特に初心者の方に、レンズに保護フィルターを装着しない方がみえますが、一般にレンズは高価なもの、傷や汚れ、埃の防止には、フィルターをつけた方が良いと思います。僅か2000円程度でレンズが守れると思えば、決して高くない買い物だと思うのですが、どうでしょうか。



 明日は休載です。それでは、次回をお楽しみに。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ベビーのUV対策グッズランキング

ベビーのUV対策グッズランキングについて解説しています。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR