雪の日に#2

Yuzq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は過去の記録、秋田関連のネタで記事を作製しました。



 平成15年10月、まだJR東日本でも車輌整備場所を「工場」と呼んでいた頃、土曜日に「土崎工場」、日曜日に「南秋田運転所」で連続してイベントがありました。そこで、秋田に泊まり込み取材をしました。



 1枚目は、ロータリー除雪機関車DD14 332(写真)、区名札は確認しませんでしたが「長岡」の筈です。別の日に、別の場所で、同じカメラに収まっていました。ロータリーの前に掻き寄せ車がついています。



Yuzq2  続いて、こちらも土崎で整備していました、DD16 302です(写真)。本体は小型ですが、除雪ヘッドは軸重対策で前後ともボギー車、結果「日本最長の機関車」の称号を持っていました。



Yuzq3  次はDE15 2522、単線型ラッセル機関車です(写真)。こちらの前頭車は2軸車です。



Yuzq4  次は、1両だけの存在だったDD17を、山形新幹線用に改軌した、DD19 1です(写真)。機関はDD51と同じDML61Zを2機搭載、DD14背合わせ相当の能力を持っていますが、残念ながら1両で製造は打ち止め、現在は廃車されました。なお写真は、掻き寄せ羽根が外されています。



Yuzq5  こちらも新幹線用、DD18 3です(写真)。DD51を改軌した本体に、前後のラッセルヘッドを追加した車輌、山形新幹線及び秋田新幹線用に計3両ありましたが、現在はいずれも引退しました。



Yuzq6  ここからは除雪ではありませんが、キヤE193系の3連です(写真)。同編成は、JR北海道の検測も行います。新潟鐵工所最後の製造車輌(以降は「新潟トランシス」)です。



Yuzq7  土崎工場の片隅に留置される、キヤ191系、キヤ190 2です(写真)。かつての高速軌道検測車で、キヤE193系の登場で引退し、今は跡形もありません。



Yuzq8  南秋田の牽引車、クモヤ441 1です(写真)。旧性能車ですが、交流機器があり、この番号を名乗っています。



Yuzq9  かつての急行「よねしろ」用、キハ28 2157です(写真)。緑のキハ58系は記録がない、と思って諦めていましたが、ありました。リバーサルフィルムに、確実に写っています。



Yuzq10  そして最後は訓練車、キヤ28 1です(写真)。訓練用に実物車輌が使えた、良い時代です。



 撮影したカメラはD100、しかしAPSサイズの素子に対応した専用レンズを使わなかったために、中途半端な写真が多く、満足に使いこなせないままD70にスイッチ、そのまま乾燥庫の肥やしになってしまいました。現在のデジカメを思えば技術的には未熟ですが、現在でも稼働可能なまま残っています(D70はD200購入後、放置していたら故障してしまいました)。でも、D70を「人のデジタル」としたら、D100は何のデジタルでしょう。本体約20万と、非常に高い買い物でしたが、後悔はしていません。



 今回は、こんな感じです。 タイトルが”#2”ということは、”#3”もあるのか。次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR