年の瀬に

Ktq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、「KTR北近畿タンゴ鉄道」を中心に取材しました。



 今日の日程を完遂するために、今朝は夜明け前に起き、真っ暗な中を最寄り駅まで行きました。そして京都駅で朝食を摂り、嵯峨野線で園部へと向かいました。



Ktq2  園部からは2連のワンマン車に乗車(写真、折り返し列車、福フチ(JR西日本福知山支社福知山運転所)F1編成)。223系5500番台、113系ワンマン2連の運用のほとんどを、取って代わりました。1編成2両のみ残る115系に当たった方は、運が良い。



Ktq3  この間に「タンゴディスカバリー」の連結作業があったのですが、上手く説明するためには数枚の写真が必要なので、明日以降にお送りします。



 そして113系ワンマン2連、福フチS2編成が、福知山発東舞鶴行きになってやって来ました(写真)。これに乗車しました。



Ktq4  そして西舞鶴で下車。同駅から、国鉄宮津線を引き継いだ北近畿タンゴ鉄道が始まります。乗換口で「1日フリーきっぷ」(1,200円)を購入し、乗車します(写真、手前KTR706、奥KTR701)。オール転換クロスシートで、中距離運転に向く車内です。



Ktq5  由良川を渡ります(写真)。この橋を車輌が渡っている姿は多くの撮影記録があり、国鉄時代から「お立ち台」とされています。キハ58系国鉄色が走れば、大騒ぎです。キハ82系は無理でも、まだ京都に残るキハ181系を国鉄色に塗り戻し、「あさしお」を復活運転させる、というのは如何ですか?



Ktq6  そして宮津に到着、10分ほど停車します。西舞鶴行きはKTR707、「丹後悠遊号」のヘッドマークを掲げています(写真)。



Ktq7  宮福線ホームには、183系(485系から交流機器を撤去した700、800番台)特急「きのさき」、福フチA94編成が入線します(写真)。折り返し一駅、天橋立行きで、私たちの列車に先行します。



 なお、福知山近辺の183系取り替え用に287系が計画され、先日初号編成が報道公開されました。この地域には4+3連で投入されるようで、北陸特急のお下がりから脱却し、新車にて置き換えます。国鉄形が恋しい方は、早期の記録をお薦めします。



Ktq8  西舞鶴から同行した女性アテンダントさんは天橋立で降り、ワンマン運転になります。



 そのまま乗り進み、野田川到着直前には、加悦鉄道(廃止)のオーバークロスした橋梁の橋台跡が残ります(写真)。港から続く線路跡、ここで本線を乗り越し東方に入り、野田川(当時は「丹後山田」)で国鉄と接続、そのまま加悦まで走りました。



Ktq9  そして終点、豊岡に到着。豊岡では乗客下車後、入換を行い、「タンゴエクスプローラー」KTR001形が北側に移動、ホームに入線しました(写真、KTR003始め3連)。以前同形は、3連または6連で、福知山線を経由し大阪・新大阪まで入線していましたが、例の事故以来運用が変わってしまいました。



Ktq10  そしてKTR001形は出発、続く普通の出発準備が始まります。KTR701が単行で西舞鶴行きになり、先ほどまで併結されたKTR706は、側線で休憩です(写真)。



Ktq11  隣のJR山陰線ホームのアナウンスに心躍り構えると、播但線経由大阪行き特急「はまかぜ」が入線します(写真)。先日本格運用が開始されたキハ189系、キハ189 1001、キハ188 1、キハ189 1の3連(初号編成)に、キハ189 1004、キハ188 4、キハ189 4の3連が続きます。キハ187系までは編成を崩す例も見られましたが、「はまかぜ」で編成を崩した例はまだ見かけません。ほぼ3両固定なのでしょう。まだまだ新しく、ピカピカです。



Ktq12  そしてKTR701で宮津まで戻り、北近畿タンゴ鉄道宮福線に乗り換えます。MF200形、あるいはMF100形を期待しましたが、今回はKTR800形802でした(写真)。先回訪問時はJRの113系電車で、巡り合わせが悪いです。



Ktq13  途中駅で、MF101と行き違います(写真)。一部ロングシートがある車内、トイレがない点はKTR800形とて同じです。



Ktq14  そして終点、福知山には、MF200形201が待機します(写真)。車内の仕様が異なる以外は、基本的には同じです。



 福知山からはJR福知山線快速に乗り大阪に行き、帰途に就きました。



 MF100形及びMF200形を再度残してしまいました。2日フリーきっぷを買い、泊まりがけで行くというのもアリ、という感じはします。改めて、リトライしたいと思います。



 北陸特急の最後の姿を残す北近畿地区、来年度中にも新車に置き換えが行われます。あの形式の最後の姿を、皆さんも是非残しておきましょう。北近畿タンゴ鉄道オリジナル車輌と併せ、十分に遠征になりますよ。



Ktq15  おまけ。京都から嵯峨野線に乗り、並河駅北東側には、写真のとおりDD51 1040と、新幹線0系前頭部が保存されます(写真)。車内からはこれが限界、下車か車かで、地上取材の必要がありそうです。皆さんも、どうぞ。



 本年の取材は、これで最後です。次回は、今回の積み残し分か。それとも、新年になってしまうのか。どうぞ、ご期待下さい。



 それでは、次回をお楽しみに。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

取材拒否の店

「取材拒否の店」を取り上げたテレビ番組で自分のお気に入りのお店が出るかも。。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR