Go West(前半戦)

Gonq1  皆様、如何お過ごしでしょうか。それでは、今日の”Tetsu”をお届けします。今回は、近鉄五位堂検修車庫にて行われた、「きんてつ鉄道まつり2010in五位堂」を取材しました。



Gonq2  今朝は、仕事の時でもないほど早く起き、早々に地元駅へ。電車を乗り継ぐと、今回のために運転される団体ツアー列車”あおぞらⅡ”が、近鉄名古屋に入線します(写真、15202始め4連)。これに乗るのですが、荷物を載せ朝食を買いに行こうとすると、非情にも発車ベルが!今日の朝食は缶コーヒー1本で、非常にひもじい思いをしました。幸い伊勢中川で方転する関係で長時間停車、ここで少し補給を。でも、栄養偏ってるよなあ!



Gonq3  列車は開場少し前に五位堂に着くダイヤで、しかし優先入場は無い、とのことで行列します。並ぶと、交差点以外ではほぼノンストップでした。これは、準備が早くできたらしく、時間前に開場したからでした。そのまま入場しました。



 案内図を色々見て、車輌撮影も早くしたかったのですが、やはりこれは先に行かないと時間がかかり骨になる、と思ったのは、近鉄の前身「大阪電気軌道」(通称「大軌」)の1号電車、デボ1号だろう、と思い、行列します(写真)。今回は近鉄100周年を記念して、車内見学が可能なのでした。



Gonq4  客室の様子(写真)。3ドア、ロングシート、電球照明、ダブルルーフかつ木造の内部が特徴です。なお100年前の車輌で、木造部分が傷んでいる関係で、入口部分の通過以外は禁止されていました。撮影時間は、1組4人、1回45秒でした。



Gonq5  運転台の様子(写真)。マスコンとブレーキハンドル、及び圧力計だけで、運転席のシートも無く、路面電車に毛が生えた程度の車輌です。しかし、この車輌で生駒山脈を貫通した旧生駒トンネルを通過、大阪~奈良の最短ルートを完成、大軌の発展の礎を築きました。なお、集電はポール式、2つのポールが付いており、連結はリンク式です。



Gonq6  そして、やっと車輌撮影会場へ。最初は、右20000系「楽」、左21000系「アーバンライナー・プラス」21106始め6連が並びます(写真)。



Gonq7  続いて、右23000系「伊勢志摩ライナー」23103始め6連、左3220系3723始め6連です(写真)。3220系は京都市営地下鉄烏丸線乗り入れ用、「京都」と「奈良」のラッピングが1輌おきに施されています。ピンクは確か”KYOTO”です。



Gonq8  段を上ると、12200系「スナックカー」12243始め4連が並びます(写真)。隣には、塗装補修中の8400系8356始め4連が、ぶつ切れで並びます。



Gonq9  検修棟には、電動貨車モト77及び78が、床下ピット見学用に停まります(写真)。見学者はヘルメットを被り、頭を気にしながら線路の間に設けられたピットに入ります。



Gonq10  検修棟横には、「シリーズ21」、5820系5752始め6連が、「ミュージアムトレイン」の看板を掲げ、昔の特急の「賢島」と、「大阪~奈良」という2つのヘッドマークを運転席に入れ、展示されます(写真)。車内もこちら側2両は、近鉄の歴代の名車の写真及び設計図が窓に貼られ、中吊りも歴代の名車の写真でした。残り4両は休憩車輌として使用され、”L/Cカー”(ロングシートにも、クロスシートにも変更できる車輌)の特徴を最大限に生かしていました。



Gonq11  検修棟に入ります。電動貨車モト97及び98の2連が、今日の電車綱引き大会の相手でした(写真)。勿論引くのは小学生以下のお子様だけです。



Gonq12  奥では、各種部品の展示が行われていました。ブレーキ、パンタグラフ、エアコンプレッサー、MG(電動発電機)及びSIV(スタティック・インバータ)、半永久連結器等、色々展示されていましたが、写真は電気連結器です(写真)。左がほとんどの車輌の主電気連結器、右の小さめのものが副電気連結器で、恐らく22600系から用いられている電連でしょう。





 最初の動画は、下枠交差形パンタグラフPT48の動作です。昭和50年代から使われた形、架線の低い路線でも使えます。





 続いて、コンプレッサーです。通常はシリンダーヘッドがありますが、公開用に外してあります。



Gonq13  そして、車両工場の一番の見どころは、やはりリフティングです。今年は南大阪線用一般型(ワンマン車)6432系6429が用いられました(写真)。しかし塗装補修中なのがイマイチか。動画も、そのうちに。





 リフティングの動画です。YouTubeは、昨年のこの動画から始まったので、動画も1周年です。



Gonq14  車輌撮影会の横では保線関連展示が行われ、写真のマルタイ(マルチプル・タイ・タンパ)の、突き固めの実演も行われ(写真)、動画も撮影しました。こちらも、そのうちに。





 マルタイの動画です。こんな事を夜中にやっていたのですね!人力では一晩に100メートルのところ、機械では1キロだそうで、能力が飛躍的に向上しました。



Gonq15  管理棟2階では、「近鉄100年のあゆみ」パネル展示や、Nゲージの運転会も行われました(写真)。Nゲージは、普通のコントローラーだけではなく、NゲージながらCTCも完備し、出庫から自動で行われていました。なお、トンネル内で脱線した時は、山を上から取り外す、というのが鉄道模型では一般的です。



 そして大方撮影したと思ったので、退場し、駅に向かいました。



Gonq16  五位堂駅からも、検修車庫の中が見えます(写真)。丁度車輌展示の反対側が写っており、3220系の反対側、”NARA”ラッピングの緑の車輌も写っています。



Gonq17  間もなく、帰りの「あおぞらⅡ」がやって来ました(写真)。これで、帰途に就きました。



 今年は近鉄100周年、春の塩浜に続き、秋の五位堂も2日連続でイベントが行われます。展示車輌もそうですが、一番はやはりデボ1の車内が見られたことか。なお、同イベントは明日も行われますので、都合のつく方は、どうぞ。



Gonq18  途中、伊勢中川を通ります。雲出川改修に伴う中川短絡線新線工事は大詰めを迎え、躯体が完成し、架線柱の設置に工事が移っています。続いてレール敷設、架線整備、最後に信号関係を整備して、切り替え、ということでしょう。



 早朝の中川短絡線を通る23000系「伊勢志摩ライナー」を撮りたいのですが(車庫が高安のため、毎日送り込み回送も兼ね早朝に難波から名古屋、深夜(最終)で名古屋から難波に行く運用がある)、このまま終わりか。明日も研究します。



 後半戦は、何処でしょうか。次回をお楽しみに。

コメント

非公開コメント

カウンター
プロフィール

Seichiro

Author:Seichiro
電車ばかり撮っている中年です。甥からは「おじちゃん」と呼ばれます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR